第5回まつばらマルシェ|特別企画味と技
技(伝統工芸)まつばらマルシェで大阪の伝統工芸品を見て、すばらしい技を体験しよう! 大阪の伝統工芸品の展示と制作体験
大阪の伝統工芸品の展示とその魅力をお伝えします。当日は伝統工芸士による制作体験指導も開催されます。入場無料(制作体験は有料です)) 経済産業大臣指定伝統的工芸品|この伝統マークを使った伝統証紙が貼られている工芸品は、産地組合などが実施する検査に合格した経済産業大臣指定伝統的工芸品です。|伝統マーク26-273
主催:日本伝統工芸士会 大阪地区連合会|共催  一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会|協力:まつばらマルシェ企画委員会
開催日:11月8日(土)、9日(日) ※一部体験は9日(日)のみ
松原市在住の伝統工芸士
松原市民体育館特設会場|午前10時~午後4時(9日は午後3時まで)
<大阪欄間(らんま)伝統工芸士 高橋聖峰氏、高橋孔明氏|大阪欄間(おおさからんま)17世紀初期に期限。風通しが良く、寺や和式住宅の客間などに用いられる。 高橋聖峰氏、高橋孔明氏
入場無料、制作体験は有料です。
【伝統工芸士】(財)伝統的工芸品産業振興協会では、経済産業大臣指定の伝統的工芸品の製造に従事されている技術者の中から、高度の技術・技法を保持する方を「伝統工芸士」として認定しています。」
高橋親子は、屋久杉、加賀杉、春日杉、ケヤキ、クスノキなどを使用。神代杉といい、水・土中に長期間埋もれ蒸された、色が黒く木目が美しい貴重な杉を使うこともある。
大阪浪華錫器 加飾 伝統工芸士 佐々木義隆氏|【大阪浪華錫器】7~9世紀頃、日本に伝わり、江戸時代に広まる。イオン効果が高く、酒をまろやかにする作用や防湿性に優れ、幅広く使用されている。 佐々木氏は制作工程の"加飾"という絵付けの工程の伝統工芸士です。佐々木義隆氏
当日、制作体験できる伝統工芸品と費用 ※体験の写真はイメージです。
※体験費用は税込です。当日会場でお支払いください。※当日は先着順で定員になり次第、締め切らせて頂きます。ご了承ください。
大阪唐木指物 大阪先週桐箪笥 大阪浪華錫器
大阪仏壇 大阪欄間 堺打刃物
この機会に大阪の伝統工芸士の"技"を見て、聞いて、触って、そして体験しませんか。また、当日は一部展示即売品も用意して、皆様のご来場を心よりおまちしております。